[×閉じる]





このページを訪れたあなたは、 きっと今まで自分のことを誰にも理解してもらえずもがき苦しんできたのだと思います。 まずは、そんなあなたに対してこの言葉を送ります。



あなたは今まで、次のようなことで悩んできませんでしたか?

  • 見捨てられることを極端に恐れ、見捨てられないためのなりふりかまわない努力をする

  • 1日の中で感情がころころ変わって自分でも疲れる

  • 薬を大量に飲んだり腕を切ったりするなど、自傷行為がやめられない

  • 衝動的・自己破壊的行為。

  • ドラッグの使用,無謀な運転,カネの浪費, 過食,性的逸脱行為

  • パートナーや家族に対し、自殺予告を頻繁にしてしまう

  • 些細なことに対して酷く怒ってしまいその感情を抑えられない

  • 変わりたいのに変われない

  • 周囲に理解してもらいたいのになかなか理解してもらえない

初めまして。佐々木裕美と申します。私は、10代の頃から心の悩みを抱え、
大学時代から心療内科・カウンセリング・精神科を転々としながら生活していました。
5年前に、あるテレビ番組を見てから
「自分は境界性人格障害なのではないか?」と思い始め
さらにドクターショッピングを繰り返し・・・
しかしどこの病院でも納得のいく診断をしてもらえず、
毎回、医者に対する不信感ばかり抱いていました。

ご存知の通り、境界性人格障害の治療を専門的におこなっている病院は
全国にわずか10数ケ所。
それでもどうしても専門的な治療を受けたいという思いから、
ある有名な病院を予約し診察を受けました。
そこで院長に言われた言葉がこれです。

「これまで100例近く同じ病気の人を治療してきました。
あなたも早速境界性人格障害の治療を始めましょう」

この時、やっと治る!と一旦は安心したんです。
この医者なら経験豊富だからきっと私も治る、 やっとこの生きづらさを克服できると・・・。
ところが治療が始まり、いきなり渡されたのは5種類もの薬。
抗うつ剤・抗不安剤・睡眠剤・・・・毎食後と就寝前と不安時、
1日に15錠近くも薬を飲まされたのです。
一旦は気持ちが落ち着いたものの、
その後は精神状態がどんどん悪化し、家族にやつあたりする始末・・・。
気づけば、摂食障害もひどくなり1日に10回も食べ吐き を繰り返していました。

医者に進められるまま、私は入院することになりました。
そのとたん、医者の態度は急変!!
入院すると週に1度の診察、しかも診察時間は5分程度。 おまけに診察内容は・・・

私「入院のストレスからか便秘がひどくて・・・」
医者「下剤を出しましょう」
私「睡眠薬飲んでも眠れません」
医者「お薬増やして様子見ましょうね」

・・・そうなんです。一言何か言うと薬。薬。薬。

全ての医者を否定しているわけではありませんが、
こんな事で苦しみから解放されるわけがないと気づいた私。
3ケ月の入院期間を終えた後、ようやく決心しました。
それは

その時すでに、お薬を半年も飲んでいた私。
あらゆる情報収集をして、 薬物療法の影に潜む本当の恐ろしさを知ったので、
断薬生活も思い切って自分で始めました。

精神科をめぐってわかったこと。
それは、親身になってくれる医者でない限り、
薬を適当に与えるだけの治療しかしない
ということ。
そしてここが重要なのですが、薬の効果については説明しても、
副作用についての説明がほとんど無い
こと。
境界性人格障害の治療によく使われる抗うつ剤は、
一時的に脳内のセロトニンを増やしてくれるため効果的ではあるものの
その裏に実は恐ろしい副作用があります。

抗うつ剤による副作用
呼吸困難・便秘・眠気・かすみ目・めまい・血圧低下・口の渇き・・・ 日頃の精神的な辛さに比べればこのぐらいましだと思うかもしれませんが ひどい場合 、記憶力低下・心機能障害(呼吸不全になることも)・ 自殺願望が増す・周りに攻撃的になる ・パーキンソン病を併発する など、大変な障害を抱えることもあるのです。 女性においては月経が止まってしまうこともあります。

信じられないかもしれませんが、私は実際 
上記のような副作用に苦しみ、また入院した期間に
呼吸不全で若い女性が命を失うのも目にしてきました。
本来、境界性人格障害という病気を治したくて、
すがる思いで薬物治療を受けているのはずなのに、
その薬によってますます苦しんだりする可能性があるなんて・・・。
こうして、薬の恐ろしさを身をもって知ったからこそ、薬を断つ努力もしました。
とはいえ、その時の私のやり方はちょっと粗治療だったので、
辛い思いをたくさんしました・・・。
でも、頭を悩ませながら、試行錯誤しながら、
独自のカウンセリング方法を考え、結果
完全に薬を断ち、境界性人格障害特有の症状もほぼ無くなりました。
今は自分の脳で自分の体を動かせる喜びを
日々実感しています。

もちろん本編では、薬を断つ場合の注意点や効果的な方法もお教えします。

ご安心ください。 そういうことも全て経験した私だからこそ、
どうすれば精神を安定させられるのか 考えてきました。
そして、脳内のセロトニン に着目したトレーニングを考案しました。
といっても、難しいと長続きしませんし、
私自身がおこなっていたたくさんの方法の中から 効果的なものだけを抜き出して、
1日5分でできるセロトニントレーニングとしてまとめてあります。

大丈夫です。方法はそんなに難しくありません。
日々の生活の中でちょっとした工夫をするだなんです。
つまり思考転換の訓練です。
境界性人格障害の方々には共通の思考パターンがあります。
ほとんどの方が、その思考パターンから抜け出せず、
今にも死んでしまいたいほどの苦しさを 抱えてしまっているのです。
その、幼い頃から焼き付けられた思考の癖を、
ひとつひとつ修正していくだけでいいのです
書店に並ぶ書籍は難しい内容ばかりで実際の生活に活かすことはほぼ不可能
読書が好きな私がこれまで読んできた心理学に関する書籍の数は30冊以上・・・
しかしどれも、内容が難しく、気分がうつ状態の人には
とてもじゃないけど読める内容ではありません。

境界性人格障害とは、アメリカ精神医学会 DSM-IVが定めた基準により 対人関係、自己像、感情の不安定および著しい衝動性の広範な様式で、成人早期に始まり、種々の状況で明らかになる。 精神病と分裂症の間の精神障害とされ、日本では1980年代から着目されるようになってきた。 J.Fマスターソン博士によると、境界例の人の多くが見捨てられ不安を抱え生きており、その見捨てられ不安というのは 周囲には理解不可能である。母親の後追いをする赤ちゃんと同じような・・・
<<某境界性人格障害関連書籍より抜粋>>

はっきりいって難しすぎます。
読み進めると、確かに共感できる内容ではあるのですが、
たいていの人が、共感するまでに疲れてしまうと思うのです。
それに、差し障りの無い程度の内容といった感じで、
実生活に活かせるような具体的な内容を記した書籍もあまりありません。
まして、精神科に入院するとどんなことがあるか・・・
なんてなかなか得られない情報です。

私は今までの経験と調べてきたことをきちんと整理し、
独自のアイディアを活かして、
簡単に読み進められるQ&A式のノートを作成しました。

そして自分でそれを読みながら、
毎日の生活で取り入れてみたところ、
いつの間にか自分の中の孤独感や見捨てられ不安が消えていたのです!
そうです。はっきりいつから・・・というわけでなく
「いつの間にか」というのがポイント。
境界性人格障害の方は、たいてい病気という湯船にどっぷりつかってしまいます。
そして、境界性人格障害特有の思考パターンである
白黒はっきり性格が邪魔をして 「治った」「治ってない」とはっきりさせようとして、
行動が伴わないとまたすぐ落ち込んでしまうのです・・・。
こうならないためにも、今回ご提供するノートを読みすすめながら、
あれこれ考えず書いてあること にだけ 意識を向けて生活してみてください。
きっと自分が気づく前に身近な存在の人から必ず
「最近変わったね」「成長したね」などと言葉をかけてもらえるはずです。

「境界性人格障害は治るのに10年以上かかります」
という言葉をよく耳にしますが 「境界性人格障害」というのは、
本来  性格の極端な歪みであり、治すものではないのです。
治すという考えではなく克服するという考えでノートを見ていけば
必ず自力で克服することができます。
実際に、これまでもたくさんの方が自分の変化に喜びを感じています。

「あんなに辛かった毎日が嘘のようです」
私も佐々木先生と同じで、ドクターショッピングを繰り返して薬漬けの生活をしていました。 家族にやつあたりの毎日と境界例特有の見捨てられ不安で、なんども自殺未遂を繰り返し・・・ それでもなんとかこの苦しみか解放されたくてこちらのノートを購入しました。 届いて1週間で、すでにこんな風に自分の意見を書けるまでになったんです! 治すではなく克服する、という意味がわかりました。先生との出会いに感謝です。

「もうお薬には頼りません」
薬を飲み続けて5年。一旦薬に頼るとやめたくてもやめられない。飲まなければ不安発作まで出る始末。 それでも最近では記憶障害まで出てきて、子どもから「お母さん薬飲まなくていいように早く病気治して」と 涙を流されたのです・・・。子どもまで悲しませてしまうなんて、これは何か方法を変えなければと思い、 思い切って申し込みました。 届いたその日から実践できる内容ばかりで、みるみるうちに自信がわいてきました。 薬に頼らなくてすむ日も近そうです。子どものため、主人のためにこの本と共に頑張ります。

境界例に悩む方ご自身の感覚で考えればお分かりになると思いますが
「死にながら生きている」とも言えるこの生きづらさ、
誰に何を言われても 変われなかった方々が、
このノートを読んで実生活に取り入れるだけで 多くの方が
前向きになった・薬を飲まなくても克服できた・笑顔になれた

など劇的な変化を感じていらっしゃるのです。

文章を読むのが苦手なんです・・・

境界性人格障害の方の多くは、
うつ状態も併発しているため、
そんな状態の中細かい文字を読むのは難しいですよね。
私自身が自己カウンセリングしている時は文章を羅列しただけのノートでしたが、
みなさんに少しでも簡単に読み進めていただけるように、
わかりやすくQ&A式の内容にまとめました。
Q&Aに関しては私の発行してます
無料メールカウンセリングの中でも紹介してます。
無料メールカウンセリングもたくさんの喜びの声を頂いていますので
ぜひ登録してみてください。

例えば・・・
  • またパートナーに対して怒りが抑えられなくなった、こんな時はどうしたら?
  • このまま死んでしまったら・・・と不安で夜も眠れない時
  • 見捨てられ不安をなくす方法を知りたい
  • たった今誰とも連絡がとれず孤独感で息が詰まりそう、SOS!!

このような形で、境界性人格障害の方なら誰しも感じる感情や行動パターンに応じて、
その時その場合にあなた自身が
何を考えどんな言葉を発するべきかをお応えしています。
信じられないかもしれませんが、書いてある通りに実践するだけ、
○○という言葉を発してみるだけで
息がとまりそうなほど苦しかった気持ちがスーっ軽くなっていきます。
そして、それを実践する日が5日、10日と増えていくうちに
あなたはこんな自分を発見するでしょう。

あなたはこのような事を発見します
  • パートナーに対して、怒らなくなった

  • 泣く時間が少なくなった

  • 一人の時間が好きになった

  • 親のことを許せるようになった

  • 人間関係がうまくいくようになった

  • 一人でも外に出られるようになった

  • 薬を飲まなくても眠れるようになった

  • 自傷行為をするどころか「もっと生きたい」と思えるようになった

  • 自分のことがわかるようになった

あんなに苦しんだ自分は一体なんだったんだ?と不思議になるぐらい、
毎日がワクワクすることでしょう。
実際に私も、孤独感と空虚感の中で「助けて!」と
叫び続けていた毎日が嘘のようなんです。
同じく境界性人格障害で悩んでいる少しでも多くの方に、
その驚きと喜びをかみしめていただきたいのです。
そこで今回、予約申し込みの方のみ、期間限定価格にてお譲りすることにしました。
この10年間で、私が 境界性人格障害を治療するために使ってきた金額はなんと

80万以上・・・

大金をかけて学んだ知識をわかりやすくまとめたノートですが、
みなさんにはこんな大金を使ってしまう前に
自力で克服する方法を知ってほしいという思いで
金額をかなりお安くしています。

これまで、「うつを治す方法」などの内容のものはたくさん見かけましたが
私の知る限り「境界性人格障害」だけに着目して
わかりやすく解説してくれたものはどこを探してもありませんでした。
そこで、私自身が経験しながら学んだことを活かして
、同じ病気を患っている方を助けたいという思いから
このノートを作成し、お安く提供することに決めたのです。
前回、先着100名様に期間限定価格にて販売したところ、
多くの喜びの声をいただきました。
そこで今回も100名様に限り、特別価格にてご提供いたします。

通常   19800円

特別価格 8980円

なお、申し込み件数が100件に達した時点で、
通常価格に戻させていただきます。

残り 79名
残り 56名
残り 43名
残り 35名
残り 27名
残り 18名
残り  5名

( 更新)
まだ間に合いますので、ご購入をお考えの方はお早めにお申し込みください。

「境界性人格障害を自力で克服する方法」
ダウンロード版

クレジット決済8980円
PDF版(ダウンロード)ご希望の方はこちら

申し訳ありませんが、現段階でもすでに多数の方にご予約いただいておりますため、
モニター価格販売件数を限定させていただいています。

カウンセリングを受ける場合、だいたい1時間10000円です。
そして週に1~2回カウンセリングを受けるだけでも
そうとうな金額がかかります。
そして実際カウンセリングの1時間の枠の中で私自身、
悩みが解決したことなど一度もありません。
むしろ、言いたいことが言えず(同じ病気の方ならお分かりになると思います)に終わって
「損した」経験が多いです。
しかも、厄介なことに、境界性人格障害の人は、
たった数回のカウンセリングでは
語りきれないぐらい底なしの理解と愛情を求めているんです。
それをもし全部話すとしたら・・・
とんでもないお金を使わないといけないことになります。
病院でも同じです。良心的な医者のもとでの治療でない限り、
ちょこちょこ話を聞いただけで後は薬を増やしたり、
ひどい医者は無理やり病名をつけて薬を渡してきますよ(詳細は本編にて) 結果、
薬があわなければ自殺願望が増したり、
記憶障害やひどい時には幻覚や幻聴に悩まされることもあります。
そんな診察料、カウンセリング料で
1ケ月に何万円ものお金を使うことを考えれば
このノートを使った克服訓練は有効といえます。

通常   19800円

特別価格 8980円

私には主人も子どももいます。
今までこの境界性人格障害という病気のために、
家族にもとても辛い思いをさせました。
もちろん、私があまりにも依存し主人を振り回したために
離婚の危機 にまで至ったこともありました。
最後の入院した期間においては、
県外の病院だったこともあり、 幼い子ども2人と会うことができず、
私もとても辛かったです。
ですがこのノートを自分で作成したおかげで、
子どもと一緒にいながら、高いお金もかけず
自己カウンセリングすることができたのです。
どんな病気でもそうですが、
境界性人格障害のことは 境界性人格障害に実際なった人にしか理解できません。
私は10年もこの病気のために苦しみ、
いろんな辛い経験をしてきました。
薬の大量服薬をして意識を失った経験もあります。

家族や友人を心配させ、振り回し、
それでも 当時は生きていることが本当に辛く、
自分の生まれ育った環境を憎み
自分が病気であることを憎んでいました。
しかし、自力で克服する方法を見出してからは、
自分と同じような苦しみを抱えている 方を
たくさん助けることができ今では、「境界性人格障害になってよかった」とさえ思います。
毎日毎日お礼のメールやお手紙をたくさんいただき、
そのお言葉がまた私を支える原動力となっています。

BPDに苦しんだ5年間
この度はお世話になりました。こちらのページを読ませてもらって自分に共感できる点がたくさんあったので はじめから信用してノートを購入しました。 Q&Aに書き出されている項目が全て自分の日常にあてはまることばかり。おかげですぐに実践することができました。 極端に揺れ動いていた感情も、本の通りやってみるとコントロールできるようになってきてびっくり。 経験者の言葉ってほんと心強いですね。このノートに出会えてよかったです。これからも同じくBPDに苦しむ人たちを 助けてあげてくださいね。

「執着や衝動行為がなくなった」
わかっていても家族に言われると「あんたのせいだろ」と言いたくなり怒りを抑えられずに自傷行為。 許せなかった親のこと。この本を読むと素直に自分を振り返ることができました。 書店に売っている本はどれも難しかったのですが、この本は誰でも確実に活かせると思います。今では衝動行為が なくなって自分でもびっくりしています。本に書かれている訓練法のおかげで思考の転換ができた証拠ですよね。 本当にありがとうございました。

以下の方は申込まないで下さい
  • 境界性人格障害は治らない病気と思い込んでいる方
  • 自分を変えたいという気持ちが全くない方
  • いい医者に巡り会えて、自分で克服する必要がないと思っている方

私のノートには、自己カウンセリングの方法と共に、
自分の辛い過去や精神科病棟の中のことなど、
人にお話したくない ような内容も記してあります。
治らないと思いこんでいる方やひやかし半分の方は、
今すぐこのページを閉じてください
境界性人格障害に悩む人たちは、
皆、心が優しく純粋で、だからこそ心を痛めてしまうのです。
みんな真剣に悩んでこのページを見てくれておりますので、
私のことを信頼してくださる方に このノートをお届けしたいと思っています。

境界性人格障害が発症するのはだいたい10代後半ぐらい。
ピーク時が20代。 私が以前読んだ書籍には
30歳までに治療にとりかかれば治る可能性が高い、
ただし、 自殺をしなければという条件付き

と書かれていました。
先にもお話しましたが、
境界性人格障害は極端な性格の歪み なので
年齢が高くなればなるほど自分を変えられなくなってしまいます。
思い立った今がチャンスということ。
一日も早く境界例の不安定な思考から抜け出したければ
このノートを使った訓練法をお試しください。
境界例特有の思考パターンでそれぞれの事態に応じた
アドバイスをまとめていますので 使いやすいです。

私はこのノートで実際に病気を克服することができたので、
内容に自信を持ってみなさんにお届けしています。
実際に、これまでモニターしていた方から全く効果が無かったという
声はひとつもいただいておりません。
ですが、100人100色、同じ境界性人格障害でも、
中には私の方法で全く効果が無いという方もいらっしゃるかも しれませんので、
その場合は全額返金することをお約束します。
期間はゆったりと30日間。
早い方では2週間で効果を発揮するノート。ぜひお試しください。

「境界性人格障害を自力で克服する方法」
ダウンロード版

クレジット決済8980円
PDF版(ダウンロード)ご希望の方はこちら

境界性人格障害の方は、自分のことを家族や周りに伝える時どうなさっていますか?
「私、寂しいの」と伝えても、相手にはその寂しさの深さはわかりません。
ですが私にはわかります。
あなたの「寂しい」は、螺旋階段の一番下で一人うずくまって身動きがとれない、
暗い場所で心細い・・・ そんな寂しさではありませんか?
境界性人格障害のことを説明する時、
たいていの人が理解してもらえない辛さで怒りをぶつけてしまいます。
そういう方のために、ノートの最後のページに
「境界性人格障害のことを理解してもらう手紙」 を書いてあります。
あなたをそばで支えてくれているご家族やご友人に、
この手紙を読んでもらえば 100%とは言いませんがほぼ理解してくれるでしょう。
これは私が今まで繰り返しいろんな人に自分のことを話してきて、
ここだけはわかってほしいという ポイントを押さえた
手紙になっていますのでぜひご活用ください。

迷うだけでは、また同じことの繰り返しです

私がそうでした。この苦しみから解放されたくて、
毎日パソコンに向かっていろいろ調べて、 病院を転々として・・・
そしていつも自分のことが自分で決められず、
決定権をパートナーにゆだねてしまい、
結局、どうやって生きていけばいいのかまたわからなくなるんです。
方向が定まらず、私はこの先どうすれば? と、また悩む・・・同じことの繰り返しだったのです。
みなさんも、せっかくここまで読んで、
自力で克服したいという気持ちが芽生えたところでこのページを閉じて しまったら、
結局は辛い毎日から抜け出せなくなるのです。
ここで、勇気を出して、同じ病気で10年も苦しんだ私が
自力で克服した方法を記したノートを手にしましょう。
そして、病気の自分とお別れするのです!
そうすれば、1ケ月後、2ケ月後には、心の底から笑顔になり生まれ変わった自分と出会えます。

「勇気を出して良かった」
このページを見て、私も病気を克服する方法が知りたい!と思い、勇気を出して購入。 今まで自分で何かを決断することなんてできなかったので、この時勇気を出した時点で、 私だって変わろうと思えば変われるんだ・・・と初めて自分を認められた気がします。 そして、ノートが届いたその日から、ボーダーの症状が現れるたびにその症状への対応の仕方を 読んでその通りに行動するようにしました。今まではわかっていてもやめられなかった行動が、 このノートのおかげでコントロールできるように!まだたまーに元の自分に戻りますが、 そんな自分も責めなくなり、自分の成長ぶりに自分でも嬉しい毎日です。 このノートに出会えてホントによかった!ありがとう!

「このノートは私のお守りです」
境界性人格障害と診断されて3年。薬も1日に何種類も飲んでいました。 でも薬はいつかやめなければいけないということもどこかでわかっていました。 というのも、薬の影響で頭が一日中ボヤーっとして眠たくて、家事もままならないほどになっていて・・・ ところがそれを担当のドクターに言うと抗うつ剤がまた増やされたのです。 このままでは一生薬漬けの生活になってしまうと思い、こちらの本を購入しました。 薬のやめ方が経験を元にわかりやすく書かれていたので、すごく参考になりました。 そしてほんの少しですが、減薬に成功。それがきっかけで、自分に自信もついてきました。 これまでは自分の悲しみのことばかり考えていたのですが、それでは病気に負けてしまうこともわかりました。 現在は薬を断つことだけに目標を置いてノートを持ち歩いて過ごしています。 このノートは私の大切なお守りです。


 「境界性人格障害を自力で克服する方法」
ダウンロード版

クレジット決済8980円
PDF版(ダウンロード)ご希望の方はこちら

当商品は全ての方に効果があることを保証するものではありません。
病気には様々な症状・病状があり、効果には個人差があります

運営者情報

Copyright 2008 atfee All Rights Reserved